事務所のご案内

弁護士紹介

いわき市の弁護士 新妻弘道についてご紹介します。

弁護士 新妻弘道の経歴

  • 平成11年3月 いわき市立草野中学校卒業
  • 平成14年3月 福島県立磐城高校卒業
  • 平成18年3月 中央大学法学部卒業
  • 平成20年3月 東京大学法科大学院修了
  • 平成20年9月 新司法試験合格
  • 平成21年12月 弁護士登録(新62期)
  • 平成22年1月~平成24年12月 遠藤大助法律事務所に勤務
  • 平成25年2月 磐城総合法律事務所を開設

弁護士新妻弘道 所属団体等 一覧

【福島県弁護士会】
住宅紛争処理審査会運営委員会
・民事介入暴力対策(兼)被害者救済センター運営委員会
【所属団体】
ふくしま原発損害賠償弁護団
・中央大学玉成会
中央大学いわき白門会
東大法曹会
いわき経済同友会
いわき平東ロータリークラブ
磐城高校野球部OB会

弁護士 新妻弘道からのメッセージ

メッセージ

「『彼なら何とかしてくれる』 そう評価される弁護士になりたい」
ごく普通の個人の方から世界的な大企業に至るまで、法的トラブルは必ずといっていいほど発生します。
そして法的トラブルには1つとして同じものはありません。
トラブルになった経緯、いきさつ、関係者の構図などを分析すると、人にそれぞれ個性があるように、1つ1つの事件にも異なった個性・特徴があります。
私は、そのような事件ごとの個性・特徴をしっかり分析し、その事件における最適な解決策を見出していきたいと考えています。
どんなに困難と思われる事件に対しても、裁判例や文献の緻密な調査を行い、活路をこじ開けていくことができる。
そんな冷静な分析力と気概を持った弁護士になりたいと思っています。
「彼ならきっと何とかしてくれる。」皆様からそう評価していただけるよう、今後も精進してまいります。

趣味

野球
高校では硬式野球部に所属していました。現在も弁護士会の草野球チームに所属しています。左投げ左打ちで、主に外野を守っています。
ゴルフ
ベストは92です。ラウンドするのは年に10回未満ですが、もう少し力を入れたいと思っています。ドライバーのスライス癖を無くし、80台を目指します。
ドライブ
運転自体が好きです。愛車は今や希少種となったマニュアル車です。大型バイク免許も最近取得しましたので、近いうちにバイクを買ってツーリングをしたいと考えています。

好きな言葉

「評価とは、他人が自分に対してするものである。」
理由:評価は他人がすることであって、自分が自分に対して行うものではない。
自分はただやるべきことをやるだけで、その評価は他人に任せればよい。そんな意味だと(勝手に)解釈しています。
他人の評価をあまり気にせず、物事を正しく評価できる人なら自分のことをきちんと評価してくれるというくらいの気持ちで、自分は日々やるべきことをしっかりやっていく。
そんな生き方を端的に表している気がして、とても好きな言葉です。

ご予約専用フリーダイヤルメールでのご予約・お問い合わせ