中小企業法律相談

顧客契約のメリット

中小企業に顧問弁護士は必要ない!?優秀な経営者がなぜ顧問契約を結んでいるのか?疑問にお答えします。

顧問契約のメリットとは

1.低コストで「社外法務部」を持つことができる

契約書の作成や法的チェック,労働問題への対処などを社内スタッフだけで処理するとした場合,法務に明るいスタッフを最低でも1人は雇用しなければなりません。
しかし,スタッフを1人雇用するためのコストは数百万円単位になってしまいますし,採用や雇用に当たっては手間もかかります。
それに対して,顧問契約の場合,弁護士に支払う顧問料は、法務スタッフを雇用することに比べればはるかに低コストですし、かつ,採用と雇用にあたっての手間なども当然かかりません。
磐城総合法律事務所における顧問料の場合であれば,標準プランで年間60万円,新規事業者応援プランであれば年間12万円で済み、経済コストを大幅に抑えることが可能です。
このように,顧問契約を締結した場合,低コストで「社外法務部」を持つことができます。

2.紛争予防のための事前相談が可能(予防法務の徹底を図れる)

経営者の方は,日々業務や営業活動に追われている方が多いと思います。
そのため,個別に弁護士に相談をする場合には,どうしても,法律トラブルが顕在化してからの(大きくなってからの)事後相談となってしまうケースが多いと思います。
これはやむを得ない面もありますが,トータルでのコストを考えた場合,やはり「紛争の予防」を最優先に考える必要があります。
顧問契約を結んで顧問弁護士を持っておけば,ちょっとした疑問や小さな相談でも気軽に相談できますので,その事前相談によって,問題が大きく膨らむ前に対処することが可能となります。

3.御社の内情を踏まえた法的アドバイスを受けることができる

顧問契約を結んで顧問弁護士を持っている場合,御社との継続的な付き合いができ,その分,御社の実情を顧問弁護士がよく理解することができます。
御社の実情を踏まえての法的アドバイスが可能となりますので,より適切な解決策をご提示することができます。

4.一定時間まで費用を気にせず相談できる

顧問契約で定められた相談時間,あるいは相談回数の範囲内であれば,月額顧問料の中で相談をすることができますので,余分な費用の支出を気にすることなく気軽に相談を受けることができます。

5.電話,メール,FAXによる相談も可能

個別に弁護士に相談する場合,基本的に法律事務所での面談相談になりますが,磐城総合法律事務所では,顧問契約を結んでいただいた場合,電話,メール,FAXによる相談も可能になります。
忙しくて事務所に行っている暇がない,資料のコピーを作っている暇がないというときにも,簡単にご相談いただくことが可能です。

6.迅速な対応が可能

顧問契約を結んでいただきました企業様の相談案件あるいは受任案件については,他の案件に優先して処理をいたします。
他の案件に優先して処理をすることで,迅速な解決を目指します。

7.顧問弁護士の表示によって,社会的信用が向上するほか,反社会的勢力などに対するけん制効果が期待できる

顧問弁護士として弁護士名を各情報ツール(御社ホームページ,リーフレットなど)に記載いただくことにより,コンプライアンス(法令順守)意識が高いという評価につながり社会的信用性が向上します。
また,暴力団などの反社会的勢力に対するけん制にもなり,不当要求やクレームなどを抑止することができます。
※磐城総合法律事務所における「新規事業者様応援プラン」では,顧問弁護士名を情報ツールに表示いただくことはできません。あらかじめご了承ください。

8.事件を依頼する場合の弁護士報酬の割引

相談だけでは対処できないトラブルのため顧問弁護士が事件処理を受任するという場合,顧問契約のパターンに応じた弁護士費用の割引が可能です。
磐城総合法律事務所の顧問契約の場合,最大50%程度まで弁護士費用を割引することが可能です。
※「新規事業者様応援プラン」では,個別の依頼事件の弁護士費用割引をご利用いただくことはできません。あらかじめご了承ください。

磐城総合法律事務所の顧問契約の費用

磐城総合法律事務所では,企業様のご要望に応じ,複数のプランをご用意しております。
詳しくはこちらをご覧ください。

ご予約専用フリーダイヤルメールでのご予約・お問い合わせ