解決事例-交通事故-

後遺症14級9号につき,保険会社提示額の約2倍の賠償が認められた事例

2014年4月15日

当初提示額:金160万円  解決金額:金312万8789円

事案

いわき市在住のW.Mさん(20代,女性,給与所得者)が,市内道路の路肩に停車中に追突され,左手の痺れなど14級9号の後遺症を負った事案

解決方法

保険会社の当初提示額が160万円でしたが,(1)通院慰謝料,(2)後遺症による逸失利益,(3)後遺症慰謝料が裁判基準に照らして低額であったことから,裁判基準をベースに当事務所において保険会社と交渉を行いました。
 その結果,(1)~(3)のいずれについても裁判基準とほぼ同額が認められ,結果として,当初提示額の約2倍に当たる金312万8789円が認められました。また,受任後約2か月で解決に至りました。