解決事例-その他-

不貞行為の相手方と交渉し、当初提示額の倍額の慰謝料で示談した事例

2014年6月3日

解決結果

相手方の当初提示額:金50万円 解決金額:金100万円

事案

いわき市在住のK.Rさん(女性,給与所得者)が、夫と約1年間に渡り不貞行為を行っていた相手方に対して慰謝料を請求した事案

解決方法

 相手方は不貞行為を認めていたものの、夫のほうから誘ってきたのであり自分の責任は大きくない、収入が多くなく生活が苦しい等の理由をつけ、当初から頑なに50万円の慰謝料しか支払えないと主張していました。
 弁護士から相手方に対し、過去の裁判例から想定される慰謝料金額の目安、依頼者側の家庭生活に重大な影響を与えたこと等を粘り強く説明し、交渉を続けた結果、当初提示額の倍額の金100万円の慰謝料を支払うという内容で示談となりました(念のため、公正証書を作成しました。)。
 なお、公正証書の中に、今後の夫への接触禁止条項も盛り込みました。