いわき弁護士便り

中学生の体験学習の機会をいただきました~磐城総合法律事務所・いわきの弁護士新妻弘道~

2016年9月15日

いわき市内の中学校からご依頼を受け,先日,事務所に中学生を招いて体験学習をしてもらいました。

午前中3時間だけの短い体験学習でしたが,事務所内の見学のほか,裁判(刑事裁判)の傍聴もしてもらいました。

弁護士としての守秘義務がある関係上,具体的な事件処理を体験させるわけも行かず(中学生を法律相談や打合せに同席させるのはまずいですし),苦肉の策として,過去の事件記録にマスキングをして簡単に説明しました。

弁護士の使命(基本的人権の擁護と社会正義の実現)という大上段の話から始まり,弁護士(法律家全般)の思考過程なんかも説明し,弁護士が実際に仕事としてやっていることを分かりやすく説明した,,,つもりでいます,,,が,多分あまり伝わっていないと思います(苦笑)

中学生で弁護士の仕事のイメージをつかむというのも大変だと思いますので,実際にやっていることは,弁護士ドラマとは似ているようで全然違うということだけでも分かってもらえれば十分な成果だと思います(^-^;

なお,その子は,竹野内豊のドラマ「グッドパートナー」を見て弁護士に興味を持ったということですので,ぜひ司法試験をパスしてもらい,将来,バリバリの企業法務弁護士としていわき市に凱旋していただき,当事務所に就職してほしいですね(笑)