企業の東電賠償請求の流れ

企業・法人の方が原発賠償請求を行う場合の流れについても,基本的に個人の方の場合と同様になります。
詳しくはこちらをご覧ください。

企業・法人の原発賠償請求の問題点

固定費・変動費の争いについて

営業損害を算定する場合,東京電力は原則として,企業会計の原則に従い,以下のような算定式を用いて営業損害額を算定しています。
営業損害=粗利+売上原価中の固定費-販売費・一般管理費中の変動費
したがって,ある経費が固定費と判断されるか変動費と判断されるかによって,賠償金額が大きく変わる可能性があります。
変動費の例としては,外注費や広告宣伝費などが挙げられますが,実際に変動費か固定費かは,事業の実態や内容等によって個別的に判断すべきです。
勘定科目のみで判断することなく,専門家に相談されることをお勧めします。

弁護士への無料相談予約はこちら

ホームページからのご予約で初回30分無料

予約フォーム
30分無料相談受付コール

ご予約の前にご確認ください。・ご相談は完全予約制となっております。お電話でご予約の際は、「ホームページを見た」とお伝え下さい。
・弁護士との相談は、いわき市の磐城総合法律事務所へお越しいただく面談形式となります。(メールや電話での法律相談は受け付けておりません。)

〒976-8026
福島県いわき市平字作町1-9-3 村山ビル4-A
TEL:0246-38-3145/FAX:0246-38-3146

© 2009 – 2019 磐城総合法律事務所, All rights reserved.