交通事故

交通事故の被害者の方へ

交通事故にあわれてお困りなら、まずは弁護士に相談。

不幸にも交通事故の被害に遭われた皆様は、非常に多くの苦労・苦痛を味わっていることと思います。
その苦労・苦痛を適正に賠償してもらうことは、交通事故の解決の大きな柱の1つです。

交通事故を解決する柱には、
①損害の賠償という民事的な柱、
②加害者に対する刑事処罰という刑事的な柱、
③加害者の運転免許取消し等の行政的な柱、の3つがあります。

このうち、被害者の皆様にとって重要で、弁護士が集中的にサポートしなければならないのは、
①民事的な柱と②刑事的な柱の2つになります。

以下、交通事故を解決していく上で注意すべきポイントを挙げます。

交通事故に遭ったら、必ず、必ず、警察に連絡して事故の届出をしてください!

当たり前のことですが、非常に重要なことです。
相談を受けていると、まれに「朝の出勤中で忙しかったから、相手の連絡先だけ聞いて警察には届け出なかった」と言う方がいますが、これはとても危険です。

保険会社に自賠責保険の請求をする場合等は、必ず交通事故証明書の提出を求められます。
交通事故証明は、いつ、どこで、誰と誰が、どんな交通事故を起こしたのか、等の交通事故が発生した事実を証明するものですが、この交通事故証明書は、警察に事故の届出をしないと発行されません。
万が一裁判になった場合も、交通事故が発生したという大前提の事実の証明は、基本的に交通事故証明書によってなされています。
交通事故証明書がないと、事故が起きたという基本的事実の立証すら大変な作業になってしまう危険があります。

さらに、交通事故の警察への報告は法律上の義務であり、違反者には刑事罰が科される場合もあります。
どんなに急いでいても、必ず、必ず、警察に事故の届出をしてください。

早い段階から弁護士へご相談ください。

交通事故の被害に遭われた場合、一生に一度あるかないかの経験ですから、動揺し、どう対処していいか分からないというケースが多いと思います。
しかし、交通事故の発生直後から、被害者の方は、警察への対応、病院への対応、加害者への対応、保険会社への対応等、様々な関係者への対応を余儀なくされます。
そして、これらに適切に対処していかなければ、適切な証拠が残らなかったり適切な処理がなされなかったりして、後々、民事・刑事両方の解決に悪影響を及ぼす恐れがあります。
現在、無料相談を実施している法律事務所も多くありますので、早い段階から弁護士のアドバイスを受けることをお勧めします。

任意保険に弁護士特約がついているかご確認ください。

弁護士特約がついていれば、弁護士に交渉や訴訟を依頼する場合でも、保険会社が弁護士費用を支払ってくれますので、安心して依頼することができます(上限300万円まで)。
被害者の方自身が加入している任意保険はもちろんのこと、
①ご家族が加入している任意保険に弁護士特約がついている場合、
②交通事故に遭った車が他人名義で、その車につけられていた他人の任意保険に弁護士特約がついている場合、
③その他の損害保険に弁護士特約がついている場合、
等でも、弁護士費用を保険会社が支払ってくれるケースがあります。

当事務所は、今までの経験を生かし、被害者の方の心情に配慮してご相談に応じさせていただきます。
無料相談を実施しておりますので、まず早い段階から専門家にご相談ください。

ご予約専用フリーダイヤルメールでのご予約・お問い合わせ