お知らせ

いわき明星大学薬学部で講義を担当させていただきました~いわきの弁護士新妻弘道・磐城総合法律事務所~

2015年4月9日

昨日4月8日,とあるご縁がありまして,地元の いわき明星大学薬学部 において講義を担当させていただきました。

「医療人としての心構え」という講義テーマで,医療従事者として把握しておかなければならない基本的倫理,原則,法令などについて講義させていただきました。

インフォームド・コンセント(説明と同意),守秘義務といったテーマは弁護士にもなじみが深い分野ですが,医療における基本的4原則(自立尊重,無危害,善行,正義)などは私自身も0から勉強させていただきました。

弁護士倫理にも通じるものがあり,とても有意義な勉強となりました。

 

講義のほうは多分に私の力不足で,最後は駆け足での講義となってしまいました(学生の皆さん,すいませんでした)。90分という講義時間に対して内容を詰め込みすぎましたね。ここら辺は今後の課題ということで,より一層精進したいと思います。

「医療人としての心構え」というテーマで講義させていただきました。

「医療人としての心構え」というテーマで講義させていただきました。

薬学部の4,5年生約80人に対し,医療倫理について講義させていただきました。

薬学部の4,5年生約80人に対し,医療倫理について講義させていただきました。

医療人としての基本原則のほか,インフォームド・コンセント,守秘義務について講義しました。

医療人としての基本原則のほか,インフォームド・コンセント,守秘義務について講義しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講義後に学生同士でグループディスカッションを実施しましたが,学生の皆さんが積極的に自分の意見を述べて議論しているのが印象的でした。

「倫理の問題は必ずしも答え(正しい対応)が1つではない(※ただし,絶対にやってはいけないだけはある程度決まっている)」,「倫理上問題があることを察知できるアンテナを張るための基本知識を押さえてほしい」ということが伝えたかったことでしたが,少しでも学生の皆さんに伝わっていてくれれば嬉しいですね。